天草市役所庁舎にひび 一部機能移転

天草のニュース

4月14日以降の地震からちょっと判断に時間がかかり過ぎる様な気もしますが、天草市の庁舎に複数のひびが見つかり7月中をめどに行政機能を臨時的に移転するそうです。

ama-yamashita09
【天草市庁舎 撮影:2016/01/24 撮影者:山下氏】

熊本地震を受け、天草市は12日、大規模地震が発生した場合に本庁舎本館と別館教育棟が倒壊する恐れがあるとして、7月中をめどに行政機能を臨時的に移転すると発表した。 同市東浜町の本庁舎本館(鉄筋コンクリート3階建て)、同市中村町の別館教育棟(同2階建て)は、ともに1966年度の完成。熊本地震の「本震」後の4月19日、建築士の資格を持つ市職員による応急危険度判定調査を実施したところ、本館屋上書庫の壁面と窓ガラスなど複数箇所にひび割れが確認され、「今後、震度5以上の地震で倒壊の危険もある」と診断された。

情報源: 天草市役所 一部を臨時移転 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

天草市では、一連の地震で最大震度6弱を観測し、市役所の総務課や市民課などが入る「本庁舎本館」の柱や壁、それに窓ガラスなどに複数のひびが見つかりました。応急危険度判定士の資格を持つ市の職員が調査した結果、「本庁舎本館」は「要注意」と判定されたということです

情報源: 熊本・天草市 庁舎にひび見つかり一部機能移転へ | NHKニュース

 

天草市公式ホームページhttp://www.city.amakusa.kumamoto.jp/