天草ってどんなところ?


1024-matushima01

製作中

天草諸島(あまくさしょとう)は、九州西部の熊本県と、一部は鹿児島県にまたがる諸島である。 北は有明海、東・南東は八代海(不知火海)、西・南西は東シナ海の天草灘に囲まれる。 漢名は苓州・苓洲(れいしゅう)。天草を甘草(かんぞう、あまくさ)にかけ、その漢名「苓」から採っている。

情報源: 天草諸島 – Wikipedia

amakusa-com-map2015-4

海に沈む夕日もお薦め!

450-5-P1010032

天草市、上天草市、天草郡苓北町の3自治体

 

天草西海岸は素晴らしい景観
a-amakusamachi13

以下製作中

天草 四郎(あまくさ しろう)、元和7年(1621年)/元和9年(1623年)? – 寛永15年2月28日(1638年4月12日)は、江戸時代初期のキリシタン。島原の乱における一揆軍の最高指導者とされている。 本名は益田四郎(ますだ しろう)。諱は時貞(ときさだ)。洗礼名は当初は「ジェロニモ(Geronimo)」であったが、一時期表向きの棄教をしていたためか、島原の乱当時は「フランシスコ(Francisco)」に変わっていた。一般には天草四郎時貞という名で知られる。また、後述の通り豊臣秀頼(豊臣秀吉の息子)の落胤であったとする伝説もあるが信憑性は低い。

情報源: 天草四郎 – Wikipedia

1024-1000080

FxCam_1292137528983

a9176a31