天草ってどんなところ?

1024-matushima01

天草と天草諸島

天草諸島とは

上島(かみしま)と下島(しもしま)(または天草上島と天草下島)を主島とする。下島は面積574.01km2であり、本州など主要4島を除く日本の島では8位の面積を有する。上島、長島、大矢野島、獅子島、御所浦島がこれに続く。かつてキリスト教(カトリック)の布教が広がり、キリシタン弾圧や島原・天草の乱などの悲劇もあったことから、キリシタンの島として知られ、現在も3か所のカトリック教会がある。ただし現在の信者数は突出して多いわけではなく、人口の1%にも満たない[1]。元来、全域が肥後国天草郡だったが、1581年、長島・獅子島などが薩摩国出水郡に編入された(#歴史参照)。これにより現在も、これらの島々は鹿児島県長島町に属している。このため、これらの島々を天草諸島に含めないこともある。なお、天草諸島に隣接する宇城市三角町戸馳の戸馳島は天草諸島に含まれない。

情報源: 天草諸島 – Wikipedia

上記のように天草諸島は熊本県の上天草市、天草市、天草郡苓北町と鹿児島県長島町の長島・獅子島を含む島々です。

ただし、単に「天草」と言えば熊本県の上天草市天草市天草郡苓北町となります。

amakusa.com

このページは随時更新中です。
せっかくご覧下さったのに大変ご迷惑おかけします。

support staff

ほんとすみません!

天草は、長崎県ではありません。

ごくたまに天草は長崎県!という声も聞こえますが天草は熊本県です。

天草は九州本土と天草五橋で繋がっています。

天草五橋(あまくさごきょう)とは、熊本県宇土半島先端の三角(みすみ)から、天草諸島の大矢野島、永浦島、池島、前島を経て天草上島までを5つの橋で結ぶ宇城市から上天草市にかけての連絡道路である[1]。1966年(昭和41年)9月24日に開通した。 情報源: 天草五橋 – Wikipedia

国道266号(こくどう266ごう)は、熊本県天草市から天草五橋、宇土半島の南側を経て熊本県熊本市中央区に至る一般国道である。天草五橋の区間は、真珠の養殖が盛んなことからパールライン(天草パールライン)とも呼ばれ、「日本の道100選」にも選ばれている。 情報源: 国道266号 – Wikipedia

天草には車で来られます!

amakusa.com

今でこそ九州本土に車で行けますが、
天草五橋が出来るまでは不便な場所だったんです。

御所浦島や湯島などは今でも船でしか行けません

amakusa.com

天草には鉄道が有りません!(天草の手前、三角までは鉄道を利用できます)


島内の交通機関はバス、タクシー、レンタカー、船など。。。

天草へは天草エアラインを利用して飛行機で来ることもできます。

藍より青い海、緑豊かな自然!

天草は、自然豊かで風光明媚!説明するより画像見てもらった解りやすいかな?


【天草市有明町 四郎ヶ浜ビーチ】


【天草市有明町 四郎ヶ浜ビーチ】


【天草市天草町 白鶴ヶ浜】


【天草市天草町 十三仏から妙見ヶ浦を望む】


【天草市天草町下田 天草西海岸】


【天草市倉岳町 倉岳山中腹からの展望】


【天草市河浦町崎津 崎津教会】 
天草の桜大江天主堂
【天草市天草町大江 大江天主堂】


【年末年始ごろの大江天主堂イルミネーション】


【天草市牛深 ハイヤ大橋】

関連記事:天草の見所
関連記事:天草の風景

天草西海岸から見る夕日も最高

天草の夕日
【鬼海ヶ浦からの夕陽】


【小ヶ瀬と夕陽】

天草の夕日

夕日を見にデートしたいわね

わしも連れてけ!

自然のイルカと出会える

天草は自然のイルカ(google検索)と出会える場所です。




amakusa.com

画像と説明文準備中です

 

スポーツイベントや観光イベント等多数開催


トライアスロン大会関連記事

牛深ハイヤ祭り関連記事

本渡花火大会関連記事


かかし祭り関連記事

・マルシェ・各種マラソン大会・サイクリングスポーツ大会・各町で行われるイベントetc…

 

関連記事:天草のイベント

美味しいものもいっぱい

・テレビ:マツコの知らない世界で紹介された「明月」のちゃんぽんツイートまとめ

・海産物

天草灘に面した天草の西海岸は全国でも有数の伊勢えびの好漁場です。漁が解禁されるこの時期だけ味わえる、天草の新鮮なぷりっぷりの伊勢えびをぜひご賞味ください。 本渡エリア、下田温泉エリア、牛深エリアの3地区で、合計20のホテル、旅館等が宿泊プランを造成しています。もちろん、食事のみのご提供が可能なお宿もあります。情報源: 天草伊勢えび祭り開催中! / 天草広域本部 / 熊本県

 

・天草大王(地鶏) ・天草黒牛

・ポンカン、デコポン、ミカン等

・イチジクを使ったスイーツ類

・こっぱ餅

・天草の天然塩

・かまぼこ、赤巻、……。

88.8MHZ

天草を移動中は、あまくさシティFM 88.8MHzを聞きながら
も良いですね!

天草は窯元もいっぱい

関連サイト:世界一の陶石の産地 天草西海岸陶器市 春の窯元めぐり – 熊本県天草 …

天草西海岸は素晴らしい景観
a-amakusamachi13

まだまだあるよ


関連記事

恐竜の島(御所浦)※外部リンク猫の島(湯島)※外部リンク、タコ海道(有明町)

天草四郎・妖怪油すまし生誕地・楊貴妃天草漂流伝説

天草には色々な伝説や不思議な地名も存在します。

妖怪油すましが生まれた場所で墓もありますし、絶世の美女楊貴妃が漂流して来て住んでいた地が有るとか、天竺という山、天の川…など。


この項目は製作中です。

天草 四郎(あまくさ しろう)、元和7年(1621年)/元和9年(1623年)? – 寛永15年2月28日(1638年4月12日)は、江戸時代初期のキリシタン。島原の乱における一揆軍の最高指導者とされている。 本名は益田四郎(ますだ しろう)。諱は時貞(ときさだ)。洗礼名は当初は「ジェロニモ(Geronimo)」であったが、一時期表向きの棄教をしていたためか、島原の乱当時は「フランシスコ(Francisco)」に変わっていた。一般には天草四郎時貞という名で知られる。また、後述の通り豊臣秀頼(豊臣秀吉の息子)の落胤であったとする伝説もあるが信憑性は低い。

情報源: 天草四郎 – Wikipedia

1024-1000080

FxCam_1292137528983

 

a9176a31

掲載画像の著作権は天草どっとこむに属します。
Copyright © 2018 amakusa.com All Rights Reserved.
twitter等の投稿内容&画像等の著作権は投稿者に帰属します。
引用・参考資料等の著作権は情報元サイト所有者等に帰属します。